【交通】中国・深センの地下鉄ICカード「深圳通」を自動販売機で買う方法

深センの地下鉄ICカード「深圳通」を自動販売機で買うのは簡単です。

今回は福田口岸の駅で買いました。

まずはこの自動販売機を見つけます。

購卡を選びます。

デザインを選びます。いろんなキャラのもあります。今回は1番シンプルなのを選びました。

現金か支付宝で払います。100元です。

支付宝で払いました。

ICカードケース

無事購入できました。「首页」と書いてある左下のボタンでトップページへ戻ります。
これは香港のオクトパスカードとしてもつかえる互通行ってカードです。なんかこれがでてきました。まだお金ないのでチャージして使えます。てっきり50元はいってると思いましたがなかったです。はいってるっておもって改札通ったらダメでインフォメーションで聞いたらチャージしてと言われました。

チャージはどこでもできます。

なお、使わなくなったカードを払い戻すのは自動販売機ではできなくて窓口でできます。福田口岸に専用の窓口みたいなところがあります。ただしこの互通行、機能としては大人用オクトパスや一般の深圳通と同じようですが、カードが不要になっても返却・返金されませんのでご注意を。深圳通なら払い戻しができますが私みたいになぜか勝手に互通行になちゃったら無理ですね。

でも深圳の地下鉄は安いし、記念にもいいのでずっともっていてもいいです。