【裏技】香港国際空港で出国税の払い戻しを受ける方法(Tax Refund)


香港空港では、香港から出発する便に出国税というものを徴収しています。

その額、1人あたり120HKDです。(約1,630円)

香港空港での乗り継ぎ時の出国税払い戻しですが、以下の2点が該当である必要があります。
・航空券購入時に香港出国税(AIR PASSENGER DEPARTURE TAX)が徴収されていること。
・香港到着と出発が同一日であること。
(トランジットで香港入国している、いないは関係有りません。)

マカオからフェリーで直接香港国際空港に行く場合、や飛行機同士の乗り継ぎ時で出国税の払い戻し(タックスリファウンド)を受けることができます。

払い戻しを受ける為の書類

1.出国税支払い済みを証明する書類
Eチケットの支払い明細にHONG KONG AIR PASSENGER DEPARTURE TAXまたはHONG KONG APDTと記載され、金額が載っている書類があればOKです。
2.到着時の航空券
(出発時もぎ取られている場合、半券でも可。搭乗券となるEチケットの印刷物でも可。引換券・予約書では不可。)
3.出発時の航空券
(もぎ取られていてる半券でも、搭乗前でも可。搭乗券となるEチケットの印刷物でも可。引換券・予約書では不可。)
4.パスポート

マカオからフェリーで来る場合はマカオのフェリーターミナルのチケットカウンターで、出国税の払い戻しクーポン(Refund Coupon)をもらってください。

払い戻しの場所

入国後に出国税の払い戻しカウンターがあります。

出発階のターミナル1にもあります。飛機乗客離境税と書かれています。

カウンターで必要書類を差し出し、リファンド・プリーズと言えばOKです。

郵送の場合は
下記URL先のPDFに中国語か英語で記入して4週間以内に申請となります。
http://www.cad.gov.hk/chinese/pdf/DCA216C.pdf
http://www.cad.gov.hk/english/pdf/DCA216E.pdf

広東語会話アプリ

関連商品