深センの賃貸住宅状況はどうか


深センの住宅の種類は高層マンションが基本です。日本のような一軒家の家屋はとても珍しいです。これは香港でも同じですね。
部屋により家具がついていない部屋と家具つきの部屋があります。

賃貸マンションはほぼ個人所有のものを不動産会社にて紹介斡旋する形式です。
敷金や礼金といった考え方は中国にはありません。デポジットとして押金を一か月くらいと不動産やに手数料を払うくらいです。

部屋数は○室○庁と表示され、室=寝室、庁=居間です。またキッチンとバストイレなどは別とされています。

バスとトイレは欧米式に一緒になっているのが一般的です。

賃貸にかかる契約期間は通常1年です。途中解約の場合、保証金が戻らないこともあります。このへんは大家さんと交渉です。また契約の際には賃貸契約書をきちんともらいましょう。

広東語会話アプリ

部屋探しですが、深圳市内には様々な場所に不動産屋があります。

日本と同じように入り口には賃貸や売買の情報が貼り出されているので参考にするとよいです。

香港メトロさんぽ MTRで巡るとっておきスポット&新しい香港に出会う旅 (地球の歩き方BOOKS)

新品価格
¥1,620から
(2019/5/25 23:58時点)