深センのカード事情はどうか。


中国ではどんな決済カードがあるかというと、それは銀聯カードとクレジットカードがあります。銀聯は2002年に中国の中央銀行である中国人民銀行が中心となり、政府主導で設立されたもので、中国での銀行間決済ネットワーク会社として設立されています。一方、クレジットカードとして流通しているのは現在マスターカードとビザのみです。



広東語会話アプリ

それぞれのカードについて説明しましょう。

1.銀聯カード

「銀聯カード」は、もともとは銀行間決済のために作られた決済システムです。
その後個人に対して使えるようになりました。

ATM機での現金の引出や商店などの支払時に使えます。日本でも使えるところが増えてきました。銀聯マークのあるATMで銀通のATM機であれば、同様に現金の引出もできますし、買い物決済も可能です。現在、東京三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ、セブン銀行にての日本円での引出が可能になっています。最高引出限度額は1万元。これは各銀行ごとの制限で、一人当たりの制限ではありません。

中国では偽札が多いので決済時に手数料がかからないこの銀聯カードシステムは現金を持たず、安全に決済ができるシステムとして発展してきました。

2.クレジットカード

クレジットカードは中国国内で作られたクレジットカードと海外で作られたクレジットカードにわけられます。発行元です。

支払いの際に中国国内で作られたクレジットカードでないとできないところもありますので注意が必要です。

サインのみでパスワードを求めないクレジット決済システムは中国人からの指示がえられず、あまり普及していません。